2006年07月12日

ネットの力で「わらしべ長者」になった男

インターネットの力でペーパークリップを家に換える――そんな夢を持って物々交換の旅を続けてきた男性が、ついにその夢を実現した。この男性、カイル・マクドナルド氏は7月8日、自身のブログone red paperclipでこの成果を報告した。同氏は昨年7月12日、Craigslist.orgの物々交換セクションに広告を出し、1個の赤いペーパークリップを何かと交換してほしいと求めた。・・・(IT media


昨日見て、気にはなっていたものの普通にスルーしてしまったが、今朝のめざましでもニュースになっていたので、せっかくなので取り上げよう。

めざましではこれにより、日本でも物物交換の掲示板で取引をする人が増えているそうだ。最初はITビジネス的にコメントすることはないかと思っていたが、いわゆる商品情報系のサイト(例えば価格コム)なんかで、こういったコーナーがあれば集客コンテンツにもなると思う。それ自体で儲けるというより、やっぱりネットの世界は人が集まって賑わってこそなんぼだなと思う今日この頃。


posted by twomate at 15:20| Comment(44) | TrackBack(9) | Webビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。