2004年09月05日

新興市場好調業種 成長は続くか

インターネットサービス企業が業績を拡大している。ネット利用者の急増やブロードバンド(高速大容量)通信の普及による電子商取引(EC)の広がりが背景にある。だが規模が小さい事業者も多く、需要の波を読みきれないと業績が下振れしかねない。(記事元 日経新聞 9月3日朝刊)

記事内容は、楽天やサイバーエージェント、カカクコムなどの新興市場上場の主要インターネット関連企業の4−6月期業績等を元に今後の見通しが述べられている。

結論としはネットビジネスは変化が激しいので需要の動きを読み、素早い判断を、というものだが、ここで楽天だけは別である。
楽天のような総合型は少数とし、専業のネット企業は特殊要因で業績が変化しやすいという。

ここでちょっと思ったのは、ネット業界では楽天のようなタイプを目指せばよいのか?という点である。
いわゆるリアルの業界では多角化経営ではなく、本業をコアビジネスとし、たいして利益のない、もしくは赤字事業からは撤退するというのが原則となってきている。

しかし、楽天は主力のECビジネスをコアとして旅行業や金融業に触手を伸ばしてきている。ちなみにライブドアもこれに近いビジネスモデルを展開している。

あらゆる業種と連携させコアビジネスの力を高めることのできるネットビジネスでは現在リアルのビジネスで見直されている(GEなどは別だが、、)コングロマリット型経営が進むべき道なのかもしれない。
posted by twomate at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Webビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。