2004年09月08日

東京三菱銀行〜CIOの重要性を認識

UFJ買収で注目される東京三菱銀行だが、ITへの取り組みでも革新的な銀行として知られる。社内的にCIOの重要性を認識し、ITの企画立案を担当する部署を置いてシステム化に注力している。(記事元 ITMedia News

東京三菱銀行がITの重要性をよく認識し、これから実施するシステム統合に取組んでいこうとしていることは以前(7月20日)にもコメントした。

今回の記事自体はニュースというほど目新しいものではないが、このように高く評価されていること自体が金融機関としてはめずらしいためあえてここでも、この点に注目して取り上げた。

東京三菱のIT化、IT戦略は金融機関全体から見ても抜群の力があると推測できる。
ちなみにここでいう力は、企画・立案、プロジェクトマネジメント、経営へのITの理解等であって、技術力のことではない。
posted by twomate at 20:09| Comment(0) | TrackBack(1) | ITビジネス一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

UFJ株主の利害を巡って
Excerpt: さて、注目のUFJですが、いよいよ面白くなってきました。 ・・・・・・ UFJ株主の利益を害する=三菱東京の資本受け入れ―三井住友がコメント *三井住友フィナンシャルグループ は1..
Weblog: MBA投資銀行マンの株式投資 Blog
Tracked: 2004-09-12 12:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。