2004年10月04日

ブログは企業に広がりつつある

「Webサイトの作成が個人から始まり、企業に広がったように、ブログも今後は企業に広まっていくだろう」――ブログソフト「Movable Type」やホスティング型ブログサービス「Type Pad」を国内販売するシックス・アパートの関信浩社長はこう話す。実際、7月に発売した「Movable Type 3.0」日本語版は、法人ライセンスが個人ライセンスと同じくらい売れているという。(記事元 ITMedia News)

ここでは、P&Gでの活用事例や社内イントラとしても開発販売をはじめている事例が紹介されている。
ここで興味深いのは「ヒントは個人ユーザがくれる」というものだ。高付加価値のツールは基本的には有料だが、個人向けの機能を限定したMovable Typeは無料提供をし続けている。個人ユーザより不具合の指摘や新機能のヒントをもらっているという。実際にこの戦略は現在間違いなく、成功している。

このような戦略はネット時代になってから出てきたように思える。リアルのみの時代では廉価版はあれど、ただで使用できるモノは少なかった。このためイイモノでもその販促には手間、費用がかかり、埋もれているものも多くあったと思う。

ネットサービスは実際に使用してみてユーザが満足すれば、その対価を支払う。
これは今後のネットサービスの戦略において最も重要なことではないだろうか。
posted by twomate at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | blog、ソーシャルネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。