2005年10月15日

楽天社長、TBSの買収防衛策発動で特別委をけん制

楽天の三木谷浩史社長は14日夜、NHKのニュース番組に出演し、「(TBSへの出資比率が)20%を超える前にしっかりした提案をしたかった」と、TBSの買収防衛策発動基準である20%を意識した取得株数であることを明らかにした。経営統合を拒否された場合、今以上に買い増す考えがあるのかとの問いに対しては「それは分からない。じっくり考えようかな」と明言を避けた。(日経ネット

うーん、今回の楽天とTBSの騒動は非常に興味深い。
ライブドア、フジテレビの時よりも少し洗練された感があるからだ。
株を買収する側もされる側も世論も相応の準備というか心構えがあるからだ。

フジテレビとライブドアの時はただライブドアが買い進める中、必死にフジテレビもそれに対抗していた。
しかし、今回は既にTBSには新株予約権を発行できる買収防衛策が準備されている。今まさに一進一退の状況。誰がどう出るか。下手すると膠着してしまうかな。。。
posted by twomate at 11:20| Comment(1) | TrackBack(0) | その他ビジネス一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 17:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。