2005年10月17日

上場企業の9月中間配当28%増、最高の1兆7000億円

上場企業が株主に支払う2005年9月中間期の配当総額が、前年同期を28%上回る1兆7000億円強に上ることが日本経済新聞社の集計で分かった。中間配当をする企業は1000社を超え、利益に対する割合も増加している。好業績で支払い余力が高まっているうえ、本決算期末を待たずに配当することで株主重視の姿勢を示し、敵対的な企業買収を防ぐ狙いもある。(日経ネット

本日の日経新聞一面の記事である。
先日も個人投資家、配当重視は3割という記事を取り上げたばっかりだが、こういうニュースは
関連して報道されるので備忘録として取り上げる。恐らく今後も暫く、関連ニュースは続くと思われる。

あんまり余剰資金をもってると村上ファンドなどの対象になっちゃうので各社とも余剰資金を吐き出すというやや後ろ向きな部分もなきにしもあらずだが、資本市場としては至極まっとうな流れなので理由はどうあれいい傾向だ。
posted by twomate at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他ビジネス一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8244086

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。