2005年10月18日

iPod専門テレビ局「PodTV」が開局--100チャンネルを無料で

iPod専門テレビ局「PodTV」が開局--100チャンネルを無料で テレビ番組やテレビコマーシャルの制作や広告代理店業などを手がけるメディアエンジンは、iPod向けVideoCast専門テレビ局「PodTV」を開局し、今週中にも番組を提供開始する。(CNET Japan

iPodの新たな戦略である映像戦略が今熱い。
しかしながら、これが爆発的にもそこそこのヒットにもならないのではないかと思う。
今後はauやドコモなど携帯電話でもテレビを視聴できるようになってくる。
それでもあの画面で、出先でちょっとテレビを見ようというニーズはそれほど多くない。メールやゲームなどの方がよっぽど暇つぶしになるのではないかと思う。

果たして独自の番組にそれ以上の付加価値を見出せるか?
この問いに対しては間違いなく否であろう。
ただ、決してヒットしないと思うが、新製品、新サービスを打ち出していく企業精神は大事だと思うし、そうすることで技術開発も進み、アイデアも洗練されてくる。いつか誰かがヒットを飛ばす。

今の洗練された携帯電話、携帯音楽プレイヤー市場ではそういった先駆者が必要で、そういった過渡期を経て新しいブームが来るのではないかと思う。



posted by twomate at 09:27| Comment(3) | TrackBack(2) | ITビジネス一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今までで最もヒットする可能性があると思うのは俺だけじゃないはず。今回のVideoCast=動画ポッドキャスト(定期購読出来る動画放送、VLOG)既に、必要なインフラ(iTunes)は普及しているというのが最大の理由で、その他↓

・iPod、iTunesユーザーを中心にポッドキャスト視聴文化が広まっている。(ポッドキャストに限れば、既にiTunesディレクトリに大手ラジオ局が参入している)

・ポッドキャストと動画ポッドキャストはiTunes内で同じ扱い、同じアクセス方法。(iTunes内ポッドキャスト視聴ランキングで既に動画ポッドキャスト(英会話)が上位に入る)

・今回、動画ポッドキャスト/動画配信にiPod/iTunesが対応。

・ポッドキャストはiTunesが対応した後、爆発的に普及したという実績がある。

・メディア側だけではなく、一般人でも自由に放送に参入できる。(TVや携帯電話向けTVのような参入障壁が無い、誰でもできる)

さらに時期的にも適している。ラジオやTVの広告効果減少がネットへと視点を向けさせる材料になっていると考えられる。

もはや先駆者や過渡期という段階なのか疑問で、もしこれらが成功するようなことがあれば、動画配信も一気に(iTunesに)持っていかれる可能性が高い。なぜなら、上に書いたように、環境整備は既に完了しているから。(iTunesがiPod用のただの管理/転送ソフトという認識は間違っていると思う。)

ポッドキャストは当初、一般人の番組がコンテンツを盛り上げ、その盛り上がり大手も乗った。という状況にあり、動画版でもその再現の可能性がある。それにしても今回の動きは素早いね。

今回の件じゃなくても、世界中で同じ動きが始っているし、iTunesというインフラが普及しているという事実を含めて考えなくては、認識を間違う可能性があると思う。携帯電話でのTV視聴とは性質も規模も違うよ。世界中のメディア、一般人が参入できる世界だからね。日本限定のサービスではなくて、国境が無い。TV対応携帯とは違い、PCがあれば誰でも視聴可能。

それと、コンテンツの質が問題になってくるだろうけど、最大の懸念は著作権や著作隣接権。一体これらをどうクリアするのかが重要でしょ。日本では残念だけどそれらの法整備が遅れているから、当初流行らない(潰される)可能性もあるね。やっぱり外圧が必要なのかしら。
Posted by ひろ at 2005年10月18日 12:37
お詳しいですね。
ただやはり最後に書かれているところが最も共感できます。
それは著作権の問題。今、PCの世界でもネットと放送の融合が進んでますが、
ずいぶん前から著作権問題はたいして進展してなくて残念ですね。

どれだけインフラが進んでもやっぱりこれがヒットしない理由に思えて仕方ありません。
今、PCですら気軽に映画やドラマをダウンロードして見る時代ではない
(環境はある程度ある)にも関わらず、オリジナルの恐らく短編の映像コンテンツ
がそれほどヒットするように思えなくて。。。

むしろ大画面で高性能の液晶でレンタル、購入したDVDを見る、こちらの方が
今の消費者ニーズが高いような・・・。
もちろんターゲット層が必ずしも同一ではないと思いますが、
自分が歳のせいだからか、感性が鈍いのかもしれません。

結構多くの人にipodやsony等の携帯音楽プレイヤーが普及した今、買い替え需要を
喚起できるのかもちょっと疑問です。

ま、私は評論家でもなんでもなく、ただ思ったことを書いているだけなので
ヒットしたらヒットしたらで面白いとは思ってます。
Posted by twomate at 2005年10月18日 14:54
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 17:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

iPod専門テレビ「PodTV」開局、全て無料です
Excerpt:  iPodに動画再生機能が付いたからには、このようなサービスは遅かれ早かれ始まると思っていましたが、意外に早く始まりましたね。
Weblog: 新聞記事・ニュース批評@ブログ
Tracked: 2005-10-18 20:04

動画iPod スティーブ・ジョブズの本当の狙いは? PART2
Excerpt: 今月はとても忙しくて、なかなかブログの更新ができずにいますが、ブログを毎日効率良く書ける「秘訣」があれば、どなたか教えてください。笑 さて、本日は前回の記事 の続きで、動画iPodの発表を受..
Weblog: ◆米国 IT企業社長のブログ◆
Tracked: 2005-10-20 17:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。