2005年10月20日

Blog ユーザー473万人、SNS ユーザー399万人

集計によると、9月末現在、Blog 登録者数は473万人、SNS 登録者数は399万人となった。総務省が5月に発表した結果では、2005年3月末時点の国内 Blog 利用者数は延べ約335万人、SNS 参加者数は延べ約111万人だった。(Japan.internet.com

久しぶりにblog、SNSネタ。SNSの伸びがすごい。SNS最大のmixiでは会員数が100万人を突破した。SNSは13サービスで399万人だそうだ。かくいう私もmixi、GREE、キヌガサ、この指とまれ!/Echoo!の4つに登録はしている。
当然、会員数の多いmixiはそれだけの魅力があり、またコミュティサービスなので多ければ多いほどその魅力が増す。

ただ、見ていて、やってみて思ったことはコミュニティ(mixi内で作る趣味サークルみたいなもの)で実際に会って遊びだす(=リアルミート)と最初は楽しいが、普通の大学等のサークルのようにやっぱりどーしてもあわないヒトがいたり、なじめなかったりすることもある。そして、抜けていってしまうヒトもたくさんいる。
もちろん新しい出会いはたくさんあるし、めったに会うことのない友人と交友を続けるにはいいツールだと思うのだが、結構めんどくさいことも起きやすいのも確かのような気がする。


posted by twomate at 11:29| Comment(0) | TrackBack(1) | blog、ソーシャルネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月04日

ブログは企業に広がりつつある

「Webサイトの作成が個人から始まり、企業に広がったように、ブログも今後は企業に広まっていくだろう」――ブログソフト「Movable Type」やホスティング型ブログサービス「Type Pad」を国内販売するシックス・アパートの関信浩社長はこう話す。実際、7月に発売した「Movable Type 3.0」日本語版は、法人ライセンスが個人ライセンスと同じくらい売れているという。(記事元 ITMedia News)

ここでは、P&Gでの活用事例や社内イントラとしても開発販売をはじめている事例が紹介されている。
ここで興味深いのは「ヒントは個人ユーザがくれる」というものだ。高付加価値のツールは基本的には有料だが、個人向けの機能を限定したMovable Typeは無料提供をし続けている。個人ユーザより不具合の指摘や新機能のヒントをもらっているという。実際にこの戦略は現在間違いなく、成功している。

このような戦略はネット時代になってから出てきたように思える。リアルのみの時代では廉価版はあれど、ただで使用できるモノは少なかった。このためイイモノでもその販促には手間、費用がかかり、埋もれているものも多くあったと思う。

ネットサービスは実際に使用してみてユーザが満足すれば、その対価を支払う。
これは今後のネットサービスの戦略において最も重要なことではないだろうか。
posted by twomate at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | blog、ソーシャルネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月11日

Blog作成、“複数サイトかけ持ち”は4割

gooリサーチとjapan.internet.comによる定例調査「Blogに関する調査によると、作成経験者も増え、複数のIDを持つユーザーも作成者の4割いるが、コメントやトラックバックはいまだにあまり利用されていない。(記事元 IT Media News)

まだ、アンケート対象ユーザのうち半分程度しか、Blogを見たことがないという。存在を知らない人も26.8%もいるという。徐々にその認知度もあがってきているが、まだまだ発展途上のようである。
Blogの利用目的も備忘録に留まり、コメントやトラックバックの利用率は全体から見ると低いようである。
BBSやチャットに続く、新たなコミュニケーションツールとしての可能性をもつBlogはもともとBBSやチャットをしたことがない人にとってはとっつきにくいのかもしれない。

しかし、BlogはBBSやチャットと異なり、自分が主人公になれる点を勘案すると、必ずしもBBSやチャットユーザーと対象ユーザーが同じではないため、まだまだユーザーは増加すると推測する。
posted by twomate at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | blog、ソーシャルネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月10日

“ウケ狙い”のソーシャルネット「キヌガサ」の可能性

ログインページは「キルビル」風。サイト内にもクスリと笑えるネタ満載の「キヌガサ」。「GREE」や「mixi」よりも儲からないモデルを敢えて採っているが……。(記事元 IT Media News)

先日、GREEの記事を取り上げたが、同じソーシャルネットワークサービスの「キヌガサ」の記事。
ソーシャルネットワークサービスのビジネスとしての可能性は実はまだ開けていなく、まだまだ発展途上である。

「キヌガサ」はその中でも新たなビジネスの収益源を探している。「GREE」ではAmazonを使って本やDVDのレビューを会員に行って、その広告料を収益としているが、「キヌガサ」では会員のAmazonのIDが使える。
質のよいレビューがたくさん集まればそこから可能性が開けてくるかもしれないと運営者側は考えているらしい。

確かに、最初「GREE」を使用したとき、友人にオススメの本やDVDを紹介するのはいいけど、結局それは運営者サイドで管理されているため、自分のレビューでAmazonへ行ってくれたのか、購入してくれたのか全くわからない。
もちろん、レビューする目的は決してアフェリエイトのためだけではないため、それはそれでいいのかもしれないと思ってる。

もともとソーシャルネットワークサービス自体まだ利が薄いとされているなかあえて今は儲からなくてもいいというサービス提供はユーザーの心をつかみそうである。

先行の「GREE」が7万人、「キヌガサ」が1万人で、紹介を通じて増える会員システムのためなかなか追い抜くことはできないかもしれないが、経過を見てみたい。
posted by twomate at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | blog、ソーシャルネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月04日

不具合にメール200通が殺到――「GREE」開発者の苦労

GREEのユーザー数がすごい勢いで増えている。記事を掲載した7月30日には7万1364人だったのが、3日たった今日、7万3149人に。指数関数的に伸びるとはこのことだ。(記事元 IT media News)

最近blogに続き、新たなコミュニケーションツールとしてソーシャルネットワーキングサイトが注目を集めている。中でも最も人数の多い「Gree」の記事である。
ソーシャルネットワーキングサービスとは、これまでのコミュニケーションツールの総合版といった感じだ。但し、基本的には知り合い同士のコミュニケーションを前提としているため、友達の紹介で新規の入会が可能となる。

中で使用できるツールは実はそれほど多くないが、友達が今、何に興味あるのか(その人のオススメレビューを閲覧したり)、その人にどんな友達がいるのか、また、blogを取り込んでみたりして、友達の状況確認ができる。このサービスに加入している友達を検索することもあるためか、基本的には皆、本名を出して集まっている。

そもそも、BBSやチャットというコミュニケーションツールはメインは友達同士じゃないかという現状を鑑みて考案されたという。実際に使ってみると、友達の嗜好がわかったり、blogにて自分の友達が新たな投稿があれば表示されたりと便利な点が多い。但し、リアルの世界でもBlogを日々書いたり、本やCDのレビューをすることを厭わない友人がたくさんいて成り立つものでもあるため、もう少し時間の経過は必要であろう。
posted by twomate at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | blog、ソーシャルネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月13日

ブロガーに蔓延する「燃え尽き症候群」

昨年の米国軍によるイラク侵攻の数日後、『ウイスキー・バー』という新しいウェブログ(ブログ)は、すぐに戦争反対派のネットユーザーたちを大勢集めるようになった。このサイトの作者、通称『ビルモン』氏は、このサイトをネット上のバーチャル・バーと位置づけ、自らはバーテンダーとなって運営し、訪問者たちに身近な話題について意見を交換しようと呼びかけた。(記事元 Hotwired

大人気のブログの管理者となることで、数時間に一度の機知に富んだ鋭く痛烈な意見を書き、膨大に寄せられるコメント管理を強いられることになってしまったというお話である。多くのブロガーがそうであるように、何かの仕事を抱えてその合間にブログを書く。それが読者によって、上記の『ビルモン』氏のように当初想定したような場を越えてしまうことが大人気ブロガーの間で蔓延しているという。予想以上に人気が出てきてしまって、読者、視聴者の目が厳しくなる。数時間書き込みがないだけで『書き込みがないけどどうかしたのか?』というメールが届くという。もう限界だと感じブログをやめてしまう。

これではブログの製作活動そのものは作家、漫画家、俳優、タレントなどと同じではないかと思う。ここにブログの一つの限界と可能性を感じるがまだ漠然としてて見えない。
posted by twomate at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | blog、ソーシャルネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。